Python IDLEの基本的な使い方



Python
Pythonとは
基本的な使い方
IDLE

Jupyter Notebook

Markdown

コマンドプロンプトで実行

仮想環境の構築

仮想環境でIDLEを実行

ライブラリのインストール
pipの使い方

numpy , matplotlib等

graphviz

pytorch

Mecab

Pythonの関数:一覧
共通関数
append , extend

class

copy

csv.reader

csv.writer

def , return

dict , defaultdict

enumerate

exit

for

if

import

in

input

lambda

len

list

min/max

OrderedDict

open/close

os

pickle

print

range

re.split

read/readline

round/floor/ceil

split

sys.argv

time

while

write

zip

・特殊メソッド
 ・__name__

 ・__iter__ , __next__

正規表現、メタ文字

データの型の種類

四則演算 (+ , - , * , /)

コメントアウト (# , ''')

numpy
append

arange

argmax/argmin

array

asfarray

astype , dtype

digitize

dot

hstack/vstack

linalg.solve

linspace

max,min

mean

meshgrid

mgrid

ndim

ndmin

pad

poly1d

polyfit

prod

random

reshape

savetxt/loadtxt

shape

std

transpose

where

zeros/zeros_like

scipy
expit

imread

interpolate

matplotlib
imshow

figure

pcolormesh

plot

quiver

scatter

scikit-learn
GaussianNB

KMeans

KNeighborsClassifier

SVC

tree

chaospy

keras

chainer

chainerrl

pytorch
BCELoss , MSELoss

Embedding

device

Sequential

Dataset, Dataloader

RNN, LSTM

OpenAI gym
Blackjack-v0

CartPole-v0

tkinter
frame, grid

画像表示

画像を切り取り表示

画像を保存

目的別
ステップ関数

1 of K 符号化法

線形補間

配列に番号をつける

ベクトル場を描く

線形回帰, 多項式回帰


公開日:2018/6/28          

前提知識
 ・Pythonとは


pythonインストール時に標準で付いている"IDLE"を用いてプログラムする方法を説明します。アイコン、起動画面は以下の様になりますが、プログラムを書いて動かすやり方としては主に二通りあります。



① 直接書いていく
この画面上に直接書いていく方法があります。例えば、2*3の答えを求めたい時は以下の様に記載します。

>>> 2*3
  ⇒6

このやり方だと、簡単なプログラムを書く分には早くて便利なのですが、プログラムの保存の使い勝手が悪く、 長いプログラムを書く際にはお勧めしません。

② テキストにプログラムを書いておき、python上で実行させる。
windowsに標準でついているメモ帳などのテキストにプログラムを書いておき、pythonはそれを実行するだけにします。 編集や保存のしやすさ等からこのやり方をお勧めします。

実際にやってみます。先ずメモ帳のファイルを作成します。ここで拡張子は通常なら.txtなのですが、pythonで動かすためには.pyにしておく必要があります。 拡張子を変更したうえでメモ帳で開きます。メモ帳上に先ほどと同じく2*3と記入します。(記入したら閉じておきます)。



これをpython上で実行します。file→openとして、先ほど作ったファイルを開きます。上記アイコンにpyファイルをドラッグアンドドロップでも良いです。



すると以下の画面が出てきます。これはpython上のテキストエディタ画面となります。なおここでプログラムを書いていく事も可能で、 実際にはここでプログラムを書いていく事が多いかと思います。



これを実行するには、タブのRun→Run Moduleをクリックすればよいです。



すると、以下の様に実行結果が出力されます。



この結果を見ると2*3の答えが出ておらず、プログラムが動いてないように見えます。しかし、実際にはプログラムは動いており、結果を見るためには プログラムを以下の様に修正する必要があります。

print(2*3)

すると以下の様に出力され、きちんとプログラムが動いていることが分かります。











サブチャンネルあります。⇒ 何かのお役に立てればと

関連記事一覧



Python
Pythonとは
基本的な使い方
IDLE

Jupyter Notebook

Markdown

コマンドプロンプトで実行

仮想環境の構築

仮想環境でIDLEを実行

ライブラリのインストール
pipの使い方

numpy , matplotlib等

graphviz

pytorch

Mecab

Pythonの関数:一覧
共通関数
append , extend

class

copy

csv.reader

csv.writer

def , return

dict , defaultdict

enumerate

exit

for

if

import

in

input

lambda

len

list

min/max

OrderedDict

open/close

os

pickle

print

range

re.split

read/readline

round/floor/ceil

split

sys.argv

time

while

write

zip

・特殊メソッド
 ・__name__

 ・__iter__ , __next__

正規表現、メタ文字

データの型の種類

四則演算 (+ , - , * , /)

コメントアウト (# , ''')

numpy
append

arange

argmax/argmin

array

asfarray

astype , dtype

digitize

dot

hstack/vstack

linalg.solve

linspace

max,min

mean

meshgrid

mgrid

ndim

ndmin

pad

poly1d

polyfit

prod

random

reshape

savetxt/loadtxt

shape

std

transpose

where

zeros/zeros_like

scipy
expit

imread

interpolate

matplotlib
imshow

figure

pcolormesh

plot

quiver

scatter

scikit-learn
GaussianNB

KMeans

KNeighborsClassifier

SVC

tree

chaospy

keras

chainer

chainerrl

pytorch
BCELoss , MSELoss

Embedding

device

Sequential

Dataset, Dataloader

RNN, LSTM

OpenAI gym
Blackjack-v0

CartPole-v0

tkinter
frame, grid

画像表示

画像を切り取り表示

画像を保存

目的別
ステップ関数

1 of K 符号化法

線形補間

配列に番号をつける

ベクトル場を描く

線形回帰, 多項式回帰