遠心力



力学・一般物理

最終更新日:2020/5/25          

■遠心力とは
遠心力とは、回転運動をしている物体が中心から反対の向きに加わる力です。遠心力は、速度の二乗に比例し、中心からの距離に反比例し、以下式で表すことができます。 つまり速度が高くなるほど遠心力は大きくなり、中心からの距離が遠くなるほど遠心力は小さくなります。 例えば道路をまっすぐ走っている車は、円の中心からの距離が無限遠とみなすことができるので、遠心力は0になります。

なお向心力という言葉がありますが、遠心力は中心から外にかかる力であるのに対して、向心力は円の中心に向かってかかる力の事です。 遠心力と向心力が釣り合った結果、回転運動をすることができるため、両者の値の大きさは等しいです。











サブチャンネルあります。⇒ 何かのお役に立てればと

関連記事一覧



力学・一般物理