ギアの種類 スプラインとの違い



自動車工学

プラントモデル

公開日:2023/8/18         

前提知識


■ギアの種類

ギアには大きく、スパーギア(平歯車)、ヘリカルギア(はすば歯車)、ベベルギア(かさ歯車)、ラック & ピニオン、ウォームギア、遊星歯車機構などがあります。


<ピニオンギアとは>

ピニオンギアとは、噛み合う歯車のうち小さい方の歯車をいいます。なお駆動する側の歯車をピニオンギアという場合もあります。(より歯数の多い減速機に繋がる機会が多いため)

<ドライブギアとは>

ドライブギアとは、噛み合う歯車のうち駆動する側の歯車をいいます。駆動される側の歯車はドリブンギアといいます。

<カウンターギアとは>

カウンターギアとは、噛み合う歯車のうち反転する側の歯車をいいます。以下の様に、ギアの役割や動作に応じて言い方が変わります。


■ギアとスプラインの違い

ギアとスプラインはどちらもトルクを伝達する事を目的としており、外周に溝を持った構造です。 違いは、スプラインは以下の様にシャフトに溝を掘った機構で、全ての溝を同時に噛み合わせて使用します。 そのため、ギアの様に異なる歯数の歯を組み合わせることでトルクを増減させることはできません。










サブチャンネルあります。⇒ 何かのお役に立てればと

関連記事一覧



自動車工学

プラントモデル